セミナー

好評につき再開催!
「モデルベースデザインによるAltera® SoC実装セミナー」

開催地:
神奈川県,横浜市
会場:
マクニカ第1ビル 2F セミナールーム
日付:
2015年12月3日(木)
時間:
13:30-16:30

概要

日本アルテラ株式会社(以下アルテラ)と MathWorks Japan は、MATLAB と Simulink で開発されたシステム・モデルとアルテラ FPGA & SoC のシームレスな統合の実現を目指して協調し、デザイン・ツール・スイートを提供しています。高度に統合されたハードウェア/ソフトウェアのワークフローにより、プログラマはアルテラの SoC FPGA に統合された FPGA と ARM プロセッサの両方をターゲットにしたアルゴリズムをシミュレーション、プロトタイピング、検証、および実装することができます。

本セミナーでは、経験のあるハードウェア・エンジニアでなくても設計プロセスを加速することが可能となるアルテラの SoC をターゲットにしたモデルベースデザイン環境をご紹介いたします。またCyclone V SoCを搭載した評価ボードをターゲットとした、ハードウェア/ソフトウェア実装ワークフローをデモ、展示にてご覧いただけます。

ハイライト

  • MATLAB/Simulinkによるモデルベースデザインにより、Cyclone V SoCデバイスを対象とした効率的なSW/HW設計、実装、検証フローの構築が可能になる。
  • Simulink環境上で、実行可能な仕様書モデルによりSW部、HW部を統合したシステムレベルの設計、シミュレーションが可能
  • 実行可能な仕様書モデルから自動コード生成により、SW/HWの実装および統合が可能
  • MATLAB/Simulinkによるハードウェア/ソフトウェア実装ワークフローのデモ、実機展示

参加対象者

  • FPGA/ASICを開発しているHWエンジニア
  • プロセッサをターゲットとした組込みSW開発エンジニア
  • Altera SoCをターゲットとしたSW/HWを統合する開発フローに興味のあるエンジニア

アジェンダ

時間 タイトル
13:00 受付開始
13:30-14:00 ARM プロセッサ搭載Altera® SoCの最新情報

日本アルテラ株式会社 プロダクト・マーケティング・マネージャ 小山 崇之

様々な製品に採用されている、ARM プロセッサ搭載Altera SoCデバイスだがまだまだ多くの製品への採用が期待されます。本講演では、Altera SoC のデバイスの概要と今後のロードマップをはじめ、効果的な実装方法としてモデルベースデザインの親和性をご紹介します。
14:00-14:50 アルゴリズム開発を加速するモデルベースデザイン
MathWorks Japan 松本 充史

モデルベースデザインは実行可能な仕様書となるモデルを作成し、シミュレーションを積極的に活用して繰り返し検証しながら進めていく開発手法です。検証の前倒しによる品質向上や開発期間短縮などの効果があります。そのモデルベースデザインで使用される、MATLAB、Simulinkの基本機能、モデリング方法、固定小数点シミュレーション機能について解説します。
14:50-15:00 休憩
15:00-15:50 モデルベースデザインによるAltera SoC実装ワークフロー
MathWorks Japan 松本 充史

モデルベースデザインでは、プログラミング言語を意識することなくブロック線図を使用したビヘイビア記述によって設計することができます。さらに、そのデザインからは、各種最適化の設定を行い、C、HDLコード、AXIバスの生成、Altera社ツールと連携してAltera SoCに実装することができます。本セッションではアルゴリズムのプロトタイピングに効果を発揮する、そのワークフローをデモを交えてご紹介します。
15:50-16:20 Altera SoC を用いたカスタム Rapid Control Prototyping 環境構築ソリューション
株式会社エヌ・ディ・アール 金森 好樹,土淵 義宏

実際の製品開発では、カスタムの入出力を追加したり、既存資産を流用する場合も数多くあり、開発フェーズが進んでいくとより製品に近い構成や性能で検証出来る環境が望まれます。本セッションではモデルベースデザインの効果を最大限に活かしつつ、製品開発に向けた Altera SoC による Rapid Control Prototyping 環境の構築例をご紹介するとともに、弊社のこの分野における OneStop ソリューションをご紹介致します。
16:20-16:30 質疑応答
ご提供いただきました個人情報は、共催社と共有することがあります。共同利用に関する詳細は下記の通りです。
  1. 共同利用される個人データ: 会社名、部署名、役職、氏名、住所、電話番号、Eメールアドレス
  2. 共同利用者の範囲: 日本アルテラ株式会社,株式会社エヌ・ディ・アール,株式会社アルティマ,株式会社エルセナ
  3. 利用目的 :電話、Eメール等による各社サービスおよび各種イベントなどのご案内
  4. 個人データの管理について責任を有する者 : MathWorks Japan
※ただし、共同利用する各社においても主催会社と同水準の個人情報管理を求めるものとします。